Mildom(ミルダム)というゲーム実況配信サイトの将来性は?ミルダムの今後について考察してみた! |  HarukomaGames

Mildom(ミルダム)というゲーム実況配信サイトの将来性は?ミルダムの今後について考察してみた!

こんにちは、はるこまです。

現在、Mildom(ミルダム)というゲーム実況配信サイトが、色々な有名配信者に声をかけて引き抜きを行っていることをご存じでしょうか?

特に今、ミルダムとライバル関係にあるオープンレック(OPENREC)の上位配信者の引き抜きが話題になっています。
オープンレック内でも配信者・視聴者ともに話題になっているようです。

今回は、ミルダムについて配信者達が移行するメリットデメリットについて、また将来性があるのかどうかについて考察してみました。

ミルダムについての簡単な説明は、以下の記事を一緒にどうぞ。
※ミルダムができてすぐの頃に書いたものなので、一部古い情報があります。

Mildom(ミルダム)とは?新しいゲーム実況配信サービスについて調べてみた!

ミルダムのメリット

時給500円制度

他の配信サイトとの大きな違いは、ミルダムが時給500円制度を取り入れているところです。今までに無かった制度です。

これまでは、配信で稼ごうと思ったらチャンネルのフォロワー数が多くないとダメとか、視聴者数が多くないとダメとか、配信初心者にとっては難易度が高かったと思います。

初心者が配信をはじめても、最初は視聴者も集まらないですし、モチベーションの維持も難しいです。

そんな中、配信をするだけで視聴者数に関係なくお金が発生するというのは、配信初心者にとってとても嬉しい制度だと思います。

ミルダムから時給制という支援を受けながら、のちのち大手配信者に成長していける可能性もあります。

また、ミルダムはこの時給500円制度のおかげで、配信サイトの地盤づくりとして重要な一般配信者の確保に成功していると言えると思います。

配信サイトにとって一般配信者数(言い方は悪いですが、ピラミッドの下層に位置する人達)が多くないと、配信サイトとしては伸びないんじゃないかなと思っています。上位層、大手配信者しかいないサイトは将来性が無いと思います(それが今のオープンレック…)。

その点において、ミルダムはこの制度を作ったおかげで、多くの一般配信者の確保に成功していますね。

すでに15000名以上の配信者審査の応募があるとのことなので、配信者自体はこれからどんどん増えていくと考えられます。

 

ミルダムのデメリット

アーカイブが公式配信者以外残らない

公式配信者やその視聴者なら良いですが、それ以外の人にとってアーカイブが残らないのは大きなデメリットではないでしょうか。

シリーズ系だったりストーリーのあるゲームを配信する場合、アーカイブが残らないと一度見逃したら終わりです…。

誰でもアーカイブが残せるようになって欲しいという視聴者の声が多ければ、今後変わる可能性はありますが、現時点ではまだ公式配信者しか残りません。

入室通知がある

配信を開いたら「〇〇〇が入室しました。」とチャット欄に表示されてしまうんですよね。

これが私的になポイントです。なんとなく開いた時とか、ちょっと覗いただけの時とかに「〇〇さんいらっしゃい」とか言われちゃうともう…..。
コメントする時は私もしますが、ROM専勢にはツライ機能だと思います。

配信者にとっては発言ができるのでプラスだと思える人もいるかもしれませんが、一視聴者としては入室しましたっていう表示は排除して欲しいです。

視聴者が少ない

これはできたばかりのサイトなので仕方がないのですが、夜の時間(21時~24時くらい)で一番視聴者が多い配信で約1000人くらいでした(唯一1人)。
そもそも視聴者100人を超えている配信が私が見た時は3つしかなかったです。

一方、ライバルサイトのオープンレックでは、視聴者約4000人が一番多く、2番目、3番目でも約1000人の視聴者がついていました。
体感ですが、ミルダムの引き抜きの話題があってからオープンレックの視聴者が全体的に増えたように感じます。

視聴者数で比べると、まだまだオープンレックの方が優勢ですね。(できたばかりのサイトなので当たり前と言えば当たり前なのですが。)

ミルダム的には、1000人以上視聴者を集められる配信者が続々欲しいところではないでしょうか。
配信者が増えても視聴者は増えないことにはどうしようもありませんからね。

専属契約

「契約 イラスト フリー」の画像検索結果

公式配信者になると、ミルダムでしか配信できなくなります(配信者によっては融通がきくようですが…。)

この”専属”というのがとてもネックです。

配信者にとって、複数の配信サイトで活動するのはリスク分散にもなるので、一つの配信サイトでしか配信ができないというのは非常に怖いと思います。配信だけで生活している人は尚更です。

ミルダムが今後発展するのか衰退するのかは誰にも分かりませんので、もし専属契約をしてミルダムが衰退してしまった場合、また他のサイトで1から組み立てるのはしんどいと思います。

 

ミルダムの将来性

ミルダムのメリットとデメリットについて考えてみましたが、正直なところ現段階でのミルダムのメリットって、時給500円制度があるくらい…と思ってしまいます。

決してミルダムを批判している訳ではないのですが、なんというか「これだ!」という魅力がないように思います。

配信者目線でも視聴者目線でも、ミルダムが他のサイトに勝る部分って現時点は時給制があるという1点くらいしか私は思いつきませんでした。

ミルダムの運営会社は(株)DouYu Japanで、その資本元はDouyuという中国の大手配信サイトの1つです。そしてそのDouyuの大株主はテンセントという時価総額世界8位のどでかい企業です。なので、資金面では問題ないのかもしれませんが、結局のところその投資した資金を回収できるのかどうかは分かりません。

画質や遅延に関しても、他の配信サイトとあまり変わらないと思います。

今はどこのサイトでもそこそこ満足できるレベルになっていますよね。
一応画質においては1080p対応のようですが、720p推奨ですし。

そして結局のところ、大手配信者が移行しているのでしょうか。中堅配信者を集めてもオープンレックと同じ道を辿る未来しか正直見えない気がします。

資金があるのならば、ninjaやshroudを引き抜いたmixerみたいに相当な大手を呼ばないと盛り上がりが弱い気がします。
加藤純一さんとか、stylishnoobさん、人気Vtuberを引き抜いてくるとか。

もしくはTwitchからDeToNator(DTN)のメンバーを引き抜いてこれたらだいぶ変わると思います。(まあそれは難しいんでしょうけど・・・;;)

なので、現段階では様子見が正解なのかなと思います。

 

そもそものところ、日本でゲーム配信サイト自体があまり流行って無いですよね。悲しい。
大量に配信者を引き抜いてきても、結局その配信者についてきたファン以外人は増えないと思いませんか?

配信者が今いるサイトから移動しても視聴者を減らしてしまうだけな気がします。

配信初心者以外の配信者は、完全移籍してからやっぱり古巣が良かったってならないようにその場の勢いじゃなくて真剣に考えて欲しいなとは思います。

ただ、今後ミルダムが大手をたくさん連れてきて、UIの改善速度も速くて、人が増えるようならば移籍を考えても良いと思います◎

でもそれは多分今じゃないのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です